バージョン: 2018年5月

#一般利用規約 Software-as-a-Service ILOST BV

iLost BVは、オランダの法律に基づいて組織され、オランダ商工会議所の貿易登録簿に登録された民間の有限会社です。ファイル番号55241506(「iLost」)では、(i)見つかったアイテムの登録とオンライン公開、(ii)サードパーティとの照合と通信を可能にする、「遺失物」管理サービスを提供するWebベースのマルチサイトオンラインサービスを提供します。遺失物(「申請物」)のオンライン出版、(iii)ロジスティクスの計画、および(iv)ウェブサイトwww.ilost.nl(「ウェブサイト」)を介した遺失物処理全体の管理および監視を主張するもの(「ウェブサイト」)(「サービス」)。 iLostはサービスを運用し、クラウドソリューション(サービスとしてのソフトウェア– SaaS)としてサービスを顧客(「顧客」)が使用できるようにします。 iLostおよび顧客は、以降、それぞれ「当事者」またはまとめて「当事者ら」とも呼ばれるものとします。本規約で使用されるように、単数形は複数形を含み、複数形は文脈が必要とするように単数形を含むものとします。

1. アプリケーションの範囲

  • 1.1 書面で両当事者間で別段の合意がない限り、サービスの使用、およびサービスの使用と他のすべてのサービスおよびiLostの配信に関する顧客契約の締結は独占的に提供されます。それぞれの現在のバージョンのこれらの一般利用規約(「利用規約」)に基づいて、これらに準拠します。 iLostが書面で同意しない限り、お客様の一般的な条件は適用されないものとします。 iLostによるサービスのアクティブ化またはその他のサービスの提供または配信は、この点に関して同意とは見なされないものとします。

  • 1.2 顧客に提供されるiLostサービスまたは製品、およびこれらの利用規約は、iLostの利用を開始する際に私的な目的で利用しないため、オランダ民法第5条7項目によると、消費者としての資格を持たない法人顧客にのみ適用されます。 これらの利用規約は、継続的な法人関係の範囲内での顧客との将来の事業にも適用されます。

  • 1.3 iLostは、これらの利用規約をいつでも変更する場合があります。これらの利用規約の変更は、そのような顧客契約がiLostと顧客の間にすでに存在する場合にのみ、顧客契約の一部と見なされるものとします。 iLostは、これらの利用規約の変更について、誤植を強調して書面で顧客で通知します。顧客が変更通知の受領から6週間以内に書面で異議を唱えない限り、変更は顧客によって承認されたと見なされます。

2. iLOSTのサービス

  • 2.1 iLostは、ウェブサイトを運営し、クラウドソリューション(SaaS)としてお客様が利用できるようにします。サービスの機能に関する詳細は、iLost for Customerによって発行された特定のオファー(「顧客契約」)に記載されています。

  • 2.2 サービスの一環として、iLostは、お客様が第三者に属する顧客が見つけたアイテム(「遺失物」)を掲載できるようにする技術プラットフォームとして、顧客がウェブサイトを利用できるようにするものとします。顧客には、技術プラットフォームにアクセスし、顧客自身のハードウェアを介してプラットフォームの機能を使用するための技術設備と承認が提供されます。

  • 2.3 iLostは、ウェブインターフェイスの年間平均99%の稼働時間を保証します。ただし、技術的な理由により、iLostがサービスの中断のない動作を常に保証することは不可能です。顧客は、いくつかの理由で、特に次の状況により、サービスが中断/制限される場合があることを認めるものとします:(i)計画されたメンテナンス作業、(ii)故障に基づく干渉または遅延またはインターネットまたは電気通信回線の過充電、および(iii)不可抗力または予測できないその他の状況(以下の条項8.2を参照)。 iLostは、このようなサービスの中断および中断を可能な限り最小限に抑えるよう努めます。サービスの中断および中断、およびこの段落で言及されているものは、サービスの重要でない一時的な中断または中断にすぎない限り、iLost側のデフォルトまたはその他の形式の契約違反とは見なされないものとします。

  • 2.4 iLostは、顧客契約の実行時に存在する機能の範囲を超える新しい機能によるサービスのアップグレードまたは拡張の義務を負いません。ただし、iLostは、機能を強化または更新するためにいつでも変更を行う権利を留保します。これにより、前述の内容は顧客に対する申請を確立せず、顧客はそこから申請を引き出すこともできません。このような変更があった場合、iLostは、運用を開始する前に、事前に顧客に通知するものとします。 iLostは、新たに開発された追加のオプションモジュール(存在する場合)についても顧客に通知するものとします。これは、iLostが個別の報酬に対して提供するものとします。

  • 2.5 お客様は、お客様がウェブサイトを通じて、またはWebサイト上で送信、公開、または利用可能にし、サービスを介して公開または送信されるアイテムのコンテンツ、および基礎となるデータについて単独で責任を負います。 iLostは、サービスを介してお客様に返送される可能性があり、ウェブサイトまたはその他のオンラインチャネルを介して生成されたエンドカスタマーリクエストの内容について一切の責任を負いません。 iLostは、そのようなデータの送信に関する技術的要件を利用可能にするだけであり、事実、法的、またはその他の側面の下でその内容を調査したり、その正確性、完全性、完全性、または信頼性についてそのようなデータを調査したりする義務はありません。

  • 2.6 個々のケースで合意されている限り、iLostは、公開ツール(i)検索バー、(ii)ボタン、および(iii)見つかったアイテムの統合を可能にする特定のソフトウェアコード(または:スクリプト)をお客様に追加で提供しますお客様のウェブサイトまたはアプリの概要。個々のケースによっては、これは報酬なしで行われる場合もあります。

3. 顧客契約の構成

  • 3.1 顧客の契約はiLostによって発行された個別の見積りや顧客によって発行された、このようなオファーのそれぞれの承諾を経て締結されます。

  • 3.2 顧客によるそのような申し出のそれぞれの受諾を発行するとき、顧客はこれらの利用規約に同意し、顧客契約に関連して顧客によって転送されたデータが正しく完全であることを確認します。このようなデータに対するその後の変更は、顧客からiLostに直ちに通知されるものとします。

4. 使用

  • 4.1 iLostは、登録されたお客様に対し、一時的にお客様契約の期間に限定された非独占的、譲渡不能、およびサブライセンス不能な使用権を付与し、お客様が遺失物の保管に関連して自身の業務目的で本サービスを使用する権利を付与します。それ以外には、特に本サービスの基盤となるソフトウェアアプリケーションまたはiLostのオペレーティングソフトウェアに関する権利は付与されません。

  • 4.2 上記4.1項に記載されている使用範囲を超えて、またはそれを超えてサービスを使用または使用を許可することは違法です。特に、お客様は、サービスまたはその一部または基盤となるソフトウェアをコピー、処理、またはさらに開発したり、ソースコードを逆コンパイルしたり、ソースコードを判読可能または使用可能にしたり、サービスまたは関連ソフトウェアを公開したりする権利を有しません。 、サービスまたはソフトウェアを商業的に利用するため、第三者の目的で使用するため、または前述のいずれかを容易にするために、それを第三者に貸与またはリースまたはその他の方法で譲渡すること。

  • 4.3 お客様が、許可されていない第三者による本サービスまたはiLostのソフトウェアの使用を過失により助長した場合、iLostは損害賠償を請求する権利を明示的に留保します。第三者による許可されていない使用の促進の場合、iLostの要求に応じて、お客様は、第三者の使用に対する法的請求を主張するために必要なすべての情報をiLostに提出するものとします。

5. 顧客の義務

  • 5.1  お客様は、必要な電気通信手段への技術的接続、およびそれらを介したサービスへの技術的接続、お客様自身のアプリケーションへの必要なインターフェースの利用可能性について責任を負います。

  • 5.2 お客様は、サービスの中断のない使用を確保する方法で、サービスのお客様設定を選択する責任があります。特に、お客様は、お客様との契約に添付されているiLostの使用説明書、特にお客様とiLostがお客様との契約で合意した集荷手順と事業所に従って、iLostが提供できるようにする必要があります。サービス。お客様は、サービスの提供に影響を及ぼしたり、サービスのセキュリティに悪影響を及ぼしたりする可能性がある場合、活動範囲内で発生した変更を直ちにiLostに通知する義務があります。

  • 5.3 お客様は、自身の組織と責任の範囲内で、データと情報のセキュリティのために十分かつ最新の保護対策を実施するものとします。お客様の本サービスへの接続に関して、お客様は必要なセキュリティ対策を講じる必要があります(ファイアウォール、インターネット経由のアクセスに適したソフトウェアの使用、安全なデータ送信の保護など)。

  • 5.4 iLostによって提供されるか、お客様が選択するWebサイトへのログイン資格情報(「ログイン資格情報」)に関して、お客様はログイン資格情報の機密を保持することを証明し、そのようなログイン資格情報を第三者に開示してはなりません。パーティー。アクセス/ログイン資格情報の不正使用を脅かす場合(たとえば、従業員の交換またはその他の組織変更後)、お客様はiLostに書面で直ちに通知する義務があります。お客様は、お客様のログイン資格情報の使用に関連する第三者のすべての行動に責任を負います。 iLostは、サービスへのお客様のアクセスのブロック(本利用規約の第6項を参照)を開始するかどうかを単独で決定できます。さらに、お客様は、第三者による不正アクセスを知った場合、お客様の協力が必要な場合に限り、協力する義務があります。

  • 5.5 お客様は、サービスの運用を危険にさらしたり混乱させたりする可能性のあるすべての措置を差し控える義務があります。さらに、お客様は、法定条項に違反する取引に本サービスを明示的に使用したり、使用を許可したりすることはできません。例として、過激、人種差別的、ポルノ、暴力を美化す​​る、またはその他の違法または不快なコンテンツに限定されません。 iLostはまた、疑わしいビジネス方法を明らかに実践しているお客様を本サービスの使用から除外します。

  • 5.6 お客様は今後の(既存またはからiLostを補償し、免責するものと 、お客様の行動または失敗、またはサービスの使用または許可に起因する法的代理人の費用を含む、申し立てられた)第三者の請求を行います。本サービスの不適切または違法な使用、またはお客様自身による適用法または第三者の権利の侵害に起因する、またはお客様が容認する特定の請求。お客様がそのような侵害が脅迫的であると認識している、または認識すべきであった場合、お客様はこれを直ちにiLostに通知する義務があります。

  • 5.7 お客様の義務の怠慢、適時でない、不完全または不正確な遵守に起因する追加費用は、お客様がこれに責任を負うか、その他の理由で責任を負う場合、お客様が負担するものとします。

6. お客様の義務の侵害

  • 6.1 サービスへのアクセスのブロックiLostは、(i)お客様がいずれかの違反をした場合、いつでも、全体的または部分的に、お客様のサービスへのアクセスをブロックするか、お客様のアカウントを削除することがあります。データおよび情報のセキュリティの保護に関連する義務、(ii)iLostのシステム、データまたはサービス、またはiLostの他の顧客のシステムまたはデータの損傷または障害の差し迫った危険、または損傷の危険があるパブリック、(iii)サービスを介してお客様から送信されたオファーまたはデータ、またはサービスを介して実行されたトランザクションが、適用される法的規定または第三者の権利を侵害している、または(iv)iLostに即時の権利を与えるその他の状況が与えられている理由による顧客契約の終了。さらに、(v)顧客契約に基づく支払いが顧客からiLostに適時に支払われていない、または支払われていない場合、アクセスのブロックが可能です。このようなブロック/削除は、iLostが最初に支払いリマインダーを発行した後にのみ開始されます。最低14日(14日)の支払いの別の合理的な期限の設定を含みます。

  • 6.2 アクセスのブロックが、お客様によるコスチューム契約に基づく義務の完全な履行の失敗の結果である場合、アクセスは、侵害が恒久的に是正された場合、または再発する侵害のリスクが排除措置によって効果的に排除された場合にのみ復元されます。契約上の罰則を含む排除措置宣言。ただし、これが不合理である場合、たとえば、ブロックの理由によりiLostが早期終了する資格があり、iLostがこの理由を利用して終了する場合、iLostは再度アクセスを有効にする義務を負いません。

  • 6.3 ブロッキング/削除が、お客様によるお客様契約に基づく義務の履行の不履行によるものである場合、お客様は、iLostに対して正当な支払いを保持したり、損害賠償請求を主張したりする権利はなく、いかなる方法でも、損傷。

  • 6.4 iLostが例外として、無料のアカウントでお客様を支援する場合、iLostは理由を説明することなくいつでもそのようなアカウントをブロックまたは削除することができ、および/またはサービスのさらなる使用は以下の支払いを条件とすることを決定することができます報酬。

7. 報酬

  • 7.1 サービスの使用を考慮して、お客様は、最初のオファーおよび/またはお客様の契約またはお客様の契約の実行時に有効であるiLostのそれぞれの価格表に従って、iLostに報酬を支払うものとします。書面で合意されています。

  • 7.2 すべての価格は正味で適用され、さらにそれぞれの法定付加価値税(VAT、該当する場合は現在21%)が適用されます。お客様のビジネスシートがオランダ国外にあり、外国のお客様に提供されるサービスに関連して、その他の特定の税金、関税、またはその他の料金が適用される場合、かかる税金、関税、および料金はすべてお客様が負担するものとします。 、それぞれ、iLostによって支払われる場合、お客様からiLostに払い戻されます。

  • 7.3 売上税で増加したすべての請求書は、請求日から30日後に割引なしで正味支払期日が到来します。

  • 7.4 標準価格表に基づく継続的な顧客契約の範囲内で、iLostは、iLostの公平な裁量により、顧客の利益を合理的に考慮して、iLost自身のコスト開発に対する報酬を調整する権利を有します。 iLostは、そのような価格調整について書面でお客様に通知します。価格調整は、お客様が変更通知の受領から6週間以内に書面で異議を唱えない限り、お客様によって承認されたと見なされます。 iLostは、変更通知でこの結果を示します。お客様が価格調整に異議を唱える場合、両当事者は、新しい価格が発効する発表時刻の時点で、影響を受けるお客様契約を特別に終了する権利を有します。このような特別終了の権利は、iLostがお客様の異議を受け取ってから1か月以内に行使される場合があります。ただし、遅くとも、新しい価格の導入の記載された日付から有効になります。

  • 7.5 顧客は、顧客の主張する反訴が争われていないか、最終的かつ拘束力のある裁判所の決定によって確立された場合にのみ、iLostの報酬請求に対して相殺する権利があります。顧客側の保持権は同じ条件の下でのみ許可されるため、反訴はさらに同じ契約関係から生じる必要があります。

8. 期日、デフォルト、不可抗力

  • 8.1 サービスの提供においてiLostに代わって省略があった場合、iLostがお客様およびiLostから適切なデフォルト通知を受け取った場合、iLost側のデフォルトと見なされるものとします。個々の状況を考慮してお客様にとって不合理でない限り、成功せずに不足したお客様から追加の猶予期間が付与されています。

  • 8.2 iLostは、不可抗力または予測不可能でiLostに起因するものではないその他の状況(戦争、ストライキ、ロックアウトを含むがこれらに限定されない)に起因する不履行の場合に限り、契約上の義務から解放されるものとします。暴動、収用、成文法の改正、公約、暴風雨、洪水、自然災害、漏水、エネルギー供給の故障、インターネットのシステム故障、データ伝送または電気通信回線の故障または破壊、第三者の違法行為インターネットまたはマルウェアによる妨害)。お客様の責任範囲に起因する状況に基づく遅延の場合にも同じことが当てはまります(たとえば、お客様の義務の不履行、またはお客様側のITコンポーネントまたはインターフェースの可用性の欠如)。

  • 8.3 義務の免除は、不可抗力干渉の状況または8.2項に規定されているその他の状況の期間と合理的な開始期間の間有効であるものとします。このような状況が7日を超えて続く場合、いずれの当事者も、サービスの影響を受ける部分に関してお客様との契約を終了することができます。そのようなすべての場合において、iLostに対する損害賠償または支出の補償に関する請求は、前払いされた金額を受け取るコスチュームの比例的権利を除いて、除外されるものとします。

  • 8.4 両当事者は、本利用規約の第8.2項に記載されている不可抗力またはその他のイベントについての知識を得た直後に、相互に通知するものとします。それぞれの状況により書面による通知が最初は不可能な場合、それぞれの通知当事者は、不可抗力の知識を得た後できるだけ早く、他の可能な方法で相手方に通知し、その後、書面による通知を送信する義務があります。または、本利用規約の8.2項に記載されているその他のイベント。

9. 申請

  • 9.1 欠陥に基づくお客様は、iLostが発行または提供したそれぞれのサポート電子メールアドレス宛てに、発生した欠陥を直ちに書面でiLostに通知するものとします。お客様は、欠陥を分析および修正する際にiLostを合理的にサポートし、欠陥が発生した状況に関する情報を含む文書または資料へのアクセスを直ちに提供するものとします。お客様は、この点に関してお客様から提供された不正確または不完全な情報に起因する、またはお客様に起因する欠陥分析または救済の遅延に起因するiLostによって発生する、合理的に発生するすべての追加費用を負担するものとします。

  • 9.2 お客様は、本サービスの使いやすさが、お客様が提供する集荷手順やiLost使用手順の他の要素を含むがこれらに限定されない、お客様自身が選択したお客様の設定に大きく依存することを認めます。結果として、再現可能なエラーのみが欠陥として認識される可能性があります。

  • 9.3 損害を解決または軽減するためにiLostが実施した措置は、欠陥または責任の承認を構成するものではありません。 iLostによる欠陥の通知に注意を払うことにより、iLostは、欠陥の通知が適時、事実上根拠のない、またはその他の点で不十分でなかったという異議の放棄を構成するものではありません。

  • 9.4 保証請求は、お客様自身、または第三者を介して、iLostからの事前の許可なしにサービス機能を変更した場合、または(i)お客様の契約、(ii)ilostの使用法を含むがこれらに限定されない場合、除外されます。 iLostが規定するとおりに使用するための、iLostとお客様の間の指示またはその他の書面または口頭による合意、またはiLostが規定する以外の動作環境でサービスを使用する場合。これには、お客様側のエラーの処理、使用手順の不遵守、虚偽または欠如が含まれます。 iLostがこれに責任を負わない限り、データを処理します。お客様が発生した欠陥がそのような状況に関連していないことを証明できる場合も、上記は適用されないものとします。そのような状況により、欠陥分析が実質的に妨げられた場合、お客様はそれによって発生した追加費用を負担するものとします。

  • 9.5 iLostが責任を負う欠陥が発生した場合、iLostは、合理的な時間内に、自らの選択で欠陥を修正するか、交換用の配送を提供します(共同:「補足パフォーマンス」)。補足パフォーマンスは、問題解決の目的で、一時的または(お客様にとって不合理でない限り)永続的な回避策を提供することで構成される場合もあります。補足的履行が失敗した場合、顧客は、そのような請求にそれぞれの法定前提条件が与えられている場合、報酬の減額を要求するか、顧客契約を終了することができます。

  • 9.6 所有権の欠陥については、以下が適用されます。iLostが責任を負う第三者の知的財産権を侵害した場合、iLostは、自らの選択により、第三者から使用権を自己負担で取得することができます。これは、お客様の契約に基づいて合意されたサービスの使用に十分であり、そのような使用権をお客様に付与するか、サービスを変更して、合意された使用の可能性を維持しますが、第三者の知的財産権が侵害されないようにします。より長いです。これがiLostにとって不可能または不合理である場合、お客様は報酬の減額を要求するか、お客様の契約を終了する権利があります。

10. 損害および/または費用に対する責任

  • 10.1 法的根拠にかかわらず、iLostは、不法な意図、重大な過失、およびiLostによる本質的な契約義務の過失違反の場合にのみ責任を負います。

  • 10.2 iLostによる通常の過失の場合、iLostの全責任は、直接および実際に証明可能な損害または損失の補償に限定されます。

  • 10.3 責任の原因に関係なく、損害インシデントごとのiLostの責任は、損害インシデントが発生した年の顧客契約に基づいて顧客が支払った年間純報酬に等しい金額に制限されます。

  • 10.4 iLostがお客様に無料でサービスを提供する場合、iLostの責任は、不法な意図および重大な過失の場合に限定されるものとします。これは特に、無料のサービス公開ツール(2.6項で参照)に適用され、iLostが例外として、お客様にサービスの無料アカウントを提供する場合に適用されます。

  • 10.5 iLostの責任は、お客様による不適切または誤った使用によって引き起こされた、i​​Lostが提供するサービスの契約上の使用の範囲内のいかなる損害にも適用されません。

  • 10.6 データまたはプログラムの損失に関して、iLostは、お客様が適切なデータ保護措置を講じた場合に損害が回避された場合、特にお客様が実行に失敗した場合に限り、責任を負わないものとします。彼の責任範囲内で定期的かつ適切なデータバックアップ措置を講じることにより、失われたデータを合理的な努力で復元できるようにします。

  • 10.7 iLostの責任が除外または制限されている限り、これはiLostの代表者、従業員、および下請け業者の責任にも適用されるものとします。

11. プライバシー保護、情報セキュリティ

  • 11.1 インターネットは、サービスを提供する際の通信およびデータ送信チャネルとして使用されます。パブリックアクセスと、コンテンツやデータが許可されていない第三者によって操作される可能性に基づいて、これは特定のリスクに関連しています。たとえば、許可なしに送信されるデータの知識を取得することです。ファイアウォールなどの追加の保護対策でさえ、データの誤用、紛失、盗難、不正な変更、またはサービスの中断につながる攻撃に対する絶対的なセキュリティを提供することはできません。お客様はこれらのリスクを受け入れます。そのようなリスクが発生した場合、iLostが過失または故意にそれぞれの状況を引き起こした場合を除き、iLostに対する潜在的な請求は除外されるものとします。

  • 11.2 両当事者は、適用されるすべてのデータ保護法を遵守し、適用することを約束します。

  • 11.3 サービスを提供することにより、iLostは特定のデータを処理するための技術的設備をお客様に提供します。の目的上、 に関する一般データ保護規則(GDPR) 申請人の個人データ(申請人に関連する情報を意味する)(「個人データ」)iLostは管理者と見なされるものとします。 iLostはGDPRに準拠し、iLostで規定されている目的以外の目的で個人データを使用しないものとします。データ保護に関する詳細は、iLostのプライバシーステートメントに記載されています。これは、iLostのウェブサイトのメニュー項目[法律関連]にあります。プライバシーポリシーは、お客様との契約締結時にお客様が事前に合意したものです。

  • 11.4 GDPRの目的上、お客様は処理者と見なされるものとします。お客様はGDPRに準拠するものとし、お客様は、本サービスの目的以外の目的でウェブサイトを使用する際に、申請者からお客様に提供された個人データを使用することを明示的に許可されていません。お客様は、iLostを除き、ウェブサイトを使用せずに、請申請者からお客様に提供された個人データの使用について責任を負うものとします。

12. 機密保持・公開

  • 12.1 両当事者は、顧客契約の履行中に相手方の事業運営に関するすべての情報、特にビジネスおよび企業秘密(「機密情報」)を厳密に機密として扱うことを約束します。 、また、契約終了後も、契約の履行に必要な目的以外の目的でこれらを使用したり、契約に関連して当事者が合法的に関与した第三者を除き、そのような情報を第三者に開示したりしないでください。履行、および当事者が対応する守秘義務を課すもの。これは、この機密情報が「機密」または「秘密」に分類されているかどうか、または同様の方法で機密を保持する必要があるかどうかに関係なく適用されます。守秘義務は、(i)開示当事者による開示の前に受領当事者に公に利用可能または知られている、または後に機密保持義務に違反することなく受領当事者に公に利用可能または知られるようになった情報に関しては適用されないものとします。受領当事者によって、(ii)機密保持義務に違反することなく、開示された情報または顧客契約に基づいて知られるようになった情報の知識とは無関係に、受領当事者によって明らかに開発された、または(iii)法定または公式に命令された情報に関して開示義務が存在します。

  • 12.2 iLostは、そのウェブサイトやその他のメディアまたはマーケティング資料で、参照顧客としてお客様に言及する権利があります。また、この点に関して、取り消し可能で非独占的な権利の範囲内で、お客様の会社のロゴまたはその他の会社の名称を使用することもできます。使用する。

13. 契約期間の終了

  • 13.1 両当事者は、顧客契約に規定された通知期間(存在する場合)に関係なく、特に相手方当事者が正当な理由により直ちに効力を生じて顧客契約を終了する権利を有するものとします。本質的な契約上の義務を持続的に侵害し、合理的な救済期間内に他の当事者から警告が与えられたにもかかわらず、そのような違反を是正しません。さらに、iLostは、顧客が2つ以上の期日請求書を支払わなかった場合、顧客契約を直ちに終了する権利があります。

  • 13.2 終了通知には、書面によるフォームが必要です。電子メールごとの終了通知も書面によるフォームを構成します。

  • 13.3 お客様との契約が終了すると、理由の如何を問わず、お客様はサービスの使用を直ちに停止し、サービスに関連してiLostから提出されたすべての資料をiLostに返却し、お客様自身のシステムに保存されているすべてのデータを削除する義務があります。法定の保持およびアーカイブの義務のためにこれが許可されない場合を除きます。

14. その他

  • 14.1 顧客は、相手方の事前の書面による同意を得た後にのみ、契約当事者間で締結された顧客契約またはそれに起因する個人の権利または義務を第三者に効果的に譲渡することができます。

  • 14.2  両当事者間の契約上およびビジネス上の関係全体は、オランダの法律に独占的に準拠するものとします。

  • 14.3 当事者間の契約関係およびビジネス関係に起因および/または関連するすべての紛争の履行場所および専属管轄権は、オランダのアムステルダムとします。

  • 14.4 当事者間および/またはこれらの契約条件、ならびに担保契約の間で締結された顧客契約の修正または変更は、当事者が書面で合意した場合に有効と見なされるものとします。

  • 14.5 両当事者間で締結された契約または本利用規約の個々の条項の全部または一部が無効になった場合でも、残りの条項の有効性に影響を与えることはありません。完全にまたは部分的に無効な条項は、法的に有効な条項に置き換えられるものとします。その経済的目的は、無効な条項によって意図されたものに最も近くなります。規制の差異が生じた場合も同様です。